FC2ブログ
TREASURE HUNT ~トレジャーハント~
劇団SOLD OUT SORRYの宝探しブログ。

PROFILE
劇団 SOLD OUT SORRY
  • Author:劇団 SOLD OUT SORRY
  • 2000年5月に団長外越陽二郎を中心に旗揚げ。
    関東を中心に活動を展開中の劇団。
    ファンタジーコメディーで観客に『今を生きる』作品を伝え続けている。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2018/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • ログイン! By 団長(04/10)
  • 開花宣言  by 団長 (03/22)
  • そのあと  By 団長(03/14)
  • 「ア」と言う間に by 団長(03/05)
  • 交通ルール  by 団長(02/21)


  • RECENT COMMENTS
  • クロ戌(01/02)
  • だんちょ(09/08)
  • リーナママ(09/07)
  • だんちょ(08/17)
  • リーナママ(08/16)
  • だんちょ(07/31)
  • リーナママ(07/30)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (4)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (5)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (3)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (4)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (4)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (5)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年11月 (7)
  • 2010年10月 (9)
  • 2010年09月 (23)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (9)
  • 2010年05月 (9)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年03月 (22)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (18)
  • 2009年08月 (23)
  • 2009年07月 (10)
  • 2009年06月 (7)
  • 2009年05月 (13)
  • 2009年04月 (21)
  • 2009年03月 (21)
  • 2009年02月 (15)
  • 2009年01月 (13)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (15)
  • 2008年09月 (42)
  • 2008年08月 (26)
  • 2008年07月 (16)
  • 2008年06月 (8)
  • 2008年05月 (16)
  • 2008年04月 (13)
  • 2008年03月 (13)
  • 2008年02月 (21)
  • 2008年01月 (14)
  • 2007年12月 (12)
  • 2007年11月 (15)
  • 2007年10月 (24)
  • 2007年09月 (20)
  • 2007年08月 (22)
  • 2007年07月 (29)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (12)
  • 2007年04月 (6)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年12月 (4)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (7)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (8)
  • 2005年12月 (5)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (5)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (11)
  • 2005年06月 (20)
  • 2005年05月 (13)
  • 2005年04月 (13)


  • CATEGORY
  • 未分類 (491)
  • 日記 (169)
  • 稽古場日誌 (237)
  • 劇団HP (45)


  • LINKS
  • 劇団 SOLD OUT SORRY
  • 須貝まい子~Mai My Diary


  • SEARCH


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    つづき     By団長
    「ヘイ!!ユウ!!!YO!!!!!」

    振り返ると、スモークの張った青いバンから外人男性の怒鳴り声がこだました!!!!!

    その男は、メキシコ人かブラジル人か分からないが、浅黒い肌をしていて、両腕にカラフルなタトゥをまとった見るからに悪そうな出で立ち。ロドリゲス(仮名)

    何やら、窓越しからコチラに叫んでいる。いや、吠えている。

    すると、ローサもそれに応えるように、苦しいそうに何かを叫んでいる。

    言葉が良く理解出来ないが、どうやら、ローサの知り合いらしい。

    すると、ロドリゲスは車から降りてきて、乱暴にドアを閉め、コチラに近づきてきた。

    何だ、知り合いかぁ。良かった、良かったと思いアチキはその場を離れようとした。

    すると、ロドリゲスは何やらアチキに文句口調で、喋りかける。

    アチキは全く言葉が理解出来ないので、無視して自転車に乗ろうとすると。

    「jsdbjんpふぁ:vじゃs!!!」

    良く分からないが、アチキの胸の辺りを力強く押してきた。

    アチキはよろけつつも、自転車をしっかり止め。

    何だよ!って、ロドリゲスに聞いた所で、どうせ言葉の意味は理解出来ないが聞いてみた。

    すると、ロドリゲスはローサの方を指し示しつつ、何かを訴えている。

    アチキは、その言葉の意味が理解出来ないながら、「そうだよ、苦しいんだって!」っと、少し強めに言い放った。

    次の瞬間、ロドリゲスは今度は両手でアチキの胸の辺りを押しのけてきた!

    何だ、コイツ?!

    アチキは、後ろに突き飛ばされながらも、嫌な、緊張感と、危険を察知した。

    すると、あろうことかロドリゲスはファイティングポーズを取り、アチキを睨んでいる。

    やばい、喧嘩になっちまう。。。

    アチキの心臓は、さっきのドキドキとは異なり、ローサの胸のようにバクバクしはじめた。

    アチキは辺りを見回したが、朝早くのこの時間には残念ながらこの公園には人がおらへん・・・

    そして、ロドリゲスのパンチが、ワン・ツーと空を切る。

    アチキは後ろづ去りしながら、三発目のパンチを腕でディフェンスしつつ「何なんだよお前は!」と、叫んだ。

    と、その時に気づいたのだが、ローサはさっきまでの苦しそうな姿とは打って変わり、平然と立ち、コチラを伺っていやがる。

    ロドリゲスは笑いながら、ローサに何かを話しつつ、ファイティングポーズを取ったまま、アチキを睨んでいる。

    そして、ワン・ツーと、今度はワザと空を切り、マニーマニーと手の平を出してきた。

    何?!

    すると、後方からローサも何か喋っているのだが、マニーと言う単語だけはしっかりと理解できた。

    これはひょっとしてカツアゲなのでは???

    ようやくここで、アチキは事の次第が理解できた。

    要するにコイツらはグルだったのだ!!!

    そして、アチキは「金なんかねぇよ!」って、いい捨てて、逃げるように自転車に乗ろうとするも、ロドリゲスは、アチキの腰元あたりにタックルをしかけ、財布を奪おうとしてきた。

    アチキとロドリゲスは絡み合いながら、自転車もろとも地面に倒れこんだ。《←因みにこの文章は官能小説ではない!》

    そして、ボディに何発かのパンチを受けつつ、尻の財布をロドリゲスが奪おうとしている時に、アチキの給料日前の残り少ないお金を奪われてたまるものかと言う、貧乏魂に火が点いた!

    かつて、サッカーの社会人チームでイラン人と取っ組み合いの喧嘩をした事ある、アチキ。

    昔程のスピードはないものの、今じゃ100キロ近くの体重と言う武器がある。

    幸い、ロドリゲスはアチキとそう変わらない身長で、アチキより細身。

    アチキはパンチを受けつつも、マウントポジションを奪い、肘で、ロドリゲスの顔面をこづいた。

    正直、ここからは無我夢中でよく覚えていないのだが、後ろの方でローサの叫び声が聞こえていたのは覚えている。

    そして、アチキはロドリゲスをマウントポジションで押え込みつつ、体重100キロ近くの体重をのせた、ヒザ攻撃を下腹部あたりにお見舞いしてやった。

    以外にも、ロドリゲスは苦しそうに咳こみ、よろよろと立ち上がり、後づ去りを始めた。

    何だよコイツ、弱いじゃんか!

    アチキは興奮していたのもあったが、後づ去るロドリゲスを追いかけ、太もも辺りに渾身のローキックを蹴りはなった。

    「勝負しろ、コノヤロー!!」

    これだけははっきりと覚えているが、その時にアチキの靴が片方脱げて草むらにインゴールした。無回転だったと思う。

    そして、アチキが脱げた靴を取りに草むらに足を向けた隙に、ロドリゲスとローサは青いバンで、この場を逃げるように立ち去った。

    アチキはドキドキしていた。正直、こんな展開は始めてだったし、なんとも言えない興奮状態。

    朝の日差しが強い、とある日。

    アチキは、草むらに飛ばした靴を探す事が出来ずに、ベンチに腰掛け雲一つない空を見上げた。

    そんな時であった!

    「大丈夫ですか?」

    振り返ると、子犬を連れた若いキレイな女性が立っていた。

    女性「怪我とかありませんか?」

    と、言いつつ、ベンチに腰掛けアチキにハンカチを手渡してきた。

    アチキ「いや~、大丈夫、大丈夫。」

    女性「あ、でも血が出てますよ?」

    その女性は、甘い香りを放ちつつ、アチキを献身的に看護する。

    女性「私の家、ここから近いんで念のために、一応消毒とかしておいた方がいいんじゃないですか?」

    アチキ「いや~、それには及ばないよ。こんなのツバつけときゃ、大丈夫、大丈夫(笑)」

    女性「そんなんじゃ、ダメですよ~。」

    子犬「ワン!」

    アチキ「そうかなぁ~・・・。じゃあ、お言葉に甘えて・・・」 

    アチキ、言われるがままに立ち上がり。

    ・・・・・・・。

    な、展開は・・・ねぇよなぁ~。。。

    朝の日差しが強い、とある日。

    アチキは雲一つない青空を額に汗しつつ、もう一度拝んだ。(幸せ者だなぁ。。。)

    さ、飛ばした、靴を探さなきゃ☆
    スポンサーサイト

    【2011/07/27 16:31】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    この記事に対するコメント

    つまり絡まれてカツアゲされそうになったのね(^_^;)

    どこまでが本当よ?!

    やっぱり、中野の辺じゃそんなこともあるのかね!

    お大事に・・・(*^_^*)
    【2011/07/30 08:41】 URL | リーナママ #-[ 編集]

    むふふふ
    そこが味噌なのよ。

    読み応えあったろ?

    ガハッハッハ(笑)
    【2011/07/31 00:31】 URL | だんちょ #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://sossos.blog7.fc2.com/tb.php/903-37e787f9



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。