FC2ブログ
TREASURE HUNT ~トレジャーハント~
劇団SOLD OUT SORRYの宝探しブログ。

PROFILE
劇団 SOLD OUT SORRY
  • Author:劇団 SOLD OUT SORRY
  • 2000年5月に団長外越陽二郎を中心に旗揚げ。
    関東を中心に活動を展開中の劇団。
    ファンタジーコメディーで観客に『今を生きる』作品を伝え続けている。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    11 | 2018/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • ログイン! By 団長(04/10)
  • 開花宣言  by 団長 (03/22)
  • そのあと  By 団長(03/14)
  • 「ア」と言う間に by 団長(03/05)
  • 交通ルール  by 団長(02/21)


  • RECENT COMMENTS
  • クロ戌(01/02)
  • だんちょ(09/08)
  • リーナママ(09/07)
  • だんちょ(08/17)
  • リーナママ(08/16)
  • だんちょ(07/31)
  • リーナママ(07/30)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (3)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (4)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (3)
  • 2012年08月 (4)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (5)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (4)
  • 2012年01月 (3)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (4)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年07月 (4)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (5)
  • 2011年04月 (4)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (4)
  • 2010年11月 (7)
  • 2010年10月 (9)
  • 2010年09月 (23)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (9)
  • 2010年05月 (9)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年03月 (22)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (9)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (18)
  • 2009年08月 (23)
  • 2009年07月 (10)
  • 2009年06月 (7)
  • 2009年05月 (13)
  • 2009年04月 (21)
  • 2009年03月 (21)
  • 2009年02月 (15)
  • 2009年01月 (13)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (15)
  • 2008年09月 (42)
  • 2008年08月 (26)
  • 2008年07月 (16)
  • 2008年06月 (8)
  • 2008年05月 (16)
  • 2008年04月 (13)
  • 2008年03月 (13)
  • 2008年02月 (21)
  • 2008年01月 (14)
  • 2007年12月 (12)
  • 2007年11月 (15)
  • 2007年10月 (24)
  • 2007年09月 (20)
  • 2007年08月 (22)
  • 2007年07月 (29)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (12)
  • 2007年04月 (6)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (6)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年12月 (4)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (4)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (7)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (8)
  • 2005年12月 (5)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (5)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (11)
  • 2005年06月 (20)
  • 2005年05月 (13)
  • 2005年04月 (13)


  • CATEGORY
  • 未分類 (491)
  • 日記 (169)
  • 稽古場日誌 (237)
  • 劇団HP (45)


  • LINKS
  • 劇団 SOLD OUT SORRY
  • 須貝まい子~Mai My Diary


  • SEARCH


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    教育とは By 団長
    今、テレビの再放送で「3年B組金八先生」が、夕方前の時間枠で放送されてるのだけど。

    アチキは時間があれば、ついつい見入ってしまっております。

    映像は、随分前のものだけど、ストーリもその時代背景を的確にとらえていて、何よりも、金八先生(武田鉄也さん)は、勿論の事。出演者陣の熱い演技が、見ていてとっても気持ちいい

    演じている生徒達も、その物語に体当たりでぶつかっていて、その当時の、ありのままの姿で、上手過ぎず、カッコつけたり、着飾る事なく演技している姿に大変好感が持てます。

    今、学校教育と言えば【学校側 対 生徒+保護者】の間で、色んなトラブルや問題が起きていて、ゆとり教育から一変して、教育とは何たるかが日々見直されております。。。

    非常に難しい問題ですよねぇ。。。

    いつの頃からか、学校教師のモラルとか不祥事事件とかが相次いでマスコミで取り沙汰されるようになって、世間の先生に対する目線が変わってしまったように思います。

    アチキの知り合いの小学校では、先生の力及ばず、学級崩壊ってな事が起きているそうです。

    何でも、先生が言う事を聞かない生徒を押えこむと言うか、指導する事が出来ずに、クラスがメチャメチャになってしまっているんだとか。で、結局のところ、「保護者が何とかしてくれ」と、クレームをつけ、先生が別の先生にバトンタッチしてことなきを得ているそうなのだけど。

    小学校でもそんな事ってあるんですね~。正直、アチキは驚きましたね。

    大きな声では言えませんが、アチキが小学校の頃と言えば、当然、出来が悪くて。

    言う事を聞かなければ、メチャクチャ叱ってもらったし。公の場で、闘魂注入だってしょっちゅうされたものですよ。

    ある時に、クラスの悪ガキ何人かで、音楽の女性の先生を泣かせてしまって。

    その時は、そりゃぁ、担任の先生にコテンパンに闘魂を注入をされた記憶があります。。。

    で、その時に担任の先生に言われましたよ?

    「この痛みは一生忘れないでほしい」って。

    で、その時の担任の先生は体育会系の若い男の先生だったのだけど、先生の目にもうっすら涙が溜まってて。。。

    それ見ちゃった時に、アチキも大泣きしたのを今でも忘れられないなぁ。。。

    でも、その後、何気なく担任の先生と廊下でバッタリと会っちゃって。

    「顔、痛くないか?」って、聞かれて。「痛いです。」って、アチキが答えたら、先生も自分の手を揉みながら。

    「先生もだ。」って、笑い飛ばしてた姿が、今でも、神々しくよみがえります。

    今じゃ、先生が生徒に闘魂注入しようものなら、直ぐに、FBI・・・じゃなくて、PTAが出動してきて、学校全体の問題と化けますからねぇ。先生も下手な事出来ないんですよねぇ。

    確かに闘魂注入が良いのか悪いのか。って、聞かれれば、アチキは良かったけど、他の目線だと変わって来るだろうけども。

    沢山の人数の生徒を観ていて、先生も多忙な職務の中、限られた時間枠での指導を計るなら、闘魂注入が一番手っ取り早いじゃないかと。

    で、何でこんな話になったかと言うと。

    春の選抜高校野球を観ていて。準久決勝の試合で横浜高校のベテラン監督が、審判の判定に直接抗議してしまったんですよ。

    アチキもラッキーな事に、偶然、その場面を観てたのだけど。

    高野連のルールでは、監督が審判に直接抗議するのはNGとされてて、アチキも観ていて、珍しい場面だなぁと思ってたんよね。

    後で、この監督は審判団に謝罪したそうなのだけど、選手は嬉しかったんじゃないかと思うなぁ~。

    俺たちも本気だけど、監督先生も本気で戦っているんだって感じただろうし。

    本気

    体裁を気にせず、着飾らずに物事にあたる姿。

    そりゃあ、本気でやってれば先生だって失敗もするだろうし、恥を掻く事も多々あるでしょうよ。

    けども、その取った行動が、本気だったのかどうかが、その後の生徒達の運命を大きく左右するのではなかろうかと。

    最後に、先生って公務員だけどもサービス業じゃないですからねぇ。

    サービス業は下げる頭を、百も千も必要とするし、得意先の要望に極力答えようとするけども。ってか、それが仕事だし。

    けども、学校教育となると。生徒の前に、学校ありきところに教師ありきで押し図るべきなのではないかしらと。

    しんどい仕事だけども頑張れ、金八先生!!
    スポンサーサイト

    【2012/04/03 02:10】 日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://sossos.blog7.fc2.com/tb.php/939-fe9ef6be



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。